• 病院長挨拶
  • 診療科のご案内
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 医療福祉相談
  • アクセス
病院の連絡情報
〒020-0102
盛岡市上田字松屋敷11番地14
 地図はコチラ
はじめて来院される患者様へ
  • 病院紹介
  • 医師紹介
  • 部門紹介
  • 私達の病院活動
  • 職員専用ページ

各部門紹介


医療安全管理室

理念

安全な医療サービスを提供するために、人間はエラーを起こすものであるということを前提に個人とチーム全体でチェック機能を強化しています。医療事故が(ニアミスを含む)が発生した場合は、個人の責任を追及する目的ではなくその事故の正確な情報を収集し、適正に分析し対策を講じて再発を防止することにつとめます。


取り組み

患者中心の医療の実践

患者の立場に立ち、患者が安心して医療を受けることができる環境を整え、患者のプライバシーを尊重します。

医療安全に関する組織的な取り組み

安全管理に関する決定機関として医療安全管理委員会を置いています。インシデントの事実調査、根本的な原因の分析を行う医療事故防止対策委員会において審議されます。

インシデントの報告と情報の共有

インシデントの発生に際しては早期に情報を把握し、適切な方法を用いて周知し、スタッフ全員で共有できるように対応しています。

機能する医療事故防止対策

誰もがエラーを起こす可能性があることを踏まえインシデントの根本的原因を究明し、システム指向で対応策を検討実施します。

適切な医療事故への対応

患者に何らかの傷害が発生した場合には、救命や回復の為に迅速かつ適切な治療、患者や家族に十分な情報の提供を行います。公平で客観的な評価を行い、患者やその家族、さらに社会への説明責任を果たすように努めます。

患者相談の実施・指針等の閲覧

患者に納得の医療を提供するために患者相談窓口では、相談、意見、苦情等に率直に耳を傾け、適切な対応を行うと共に安全管理及び医療の質の改善に積極的に活用します。 患者が安心して医療を受けられるように努めます。

医療安全教育・研修、啓発

すべてのスタッフが安全な医療の提供の重要性を認識し、積極的に安全を推進していくために、安全管理に関する教育や研修、啓発を行っています。


医療安全体制

専任の看護師を医療安全管理者として配置しています。病院全体の効果的な安全対策を行うため、各部署での医療事故、インシデントの要因を探り、防止方法を連絡調整しながら改善点を検討していきます。また、安全管理のための活動を推進するため、情報収集や改善策、教育活動など、計画・実践・評価を行い、安全な医療の提供を目指しています。


活動内容

医療安全に関する現場の実態調査と予防活動の取り組み
  • 現場の情報収集をするため、定期的な現場のラウンド(朝、夕)、点検、マニュアルの遵守状況の点検。
  • マニュアルの点検と見直しの提言。
インシデント報告への対応
  • ヒヤリハット体験報告の収集、分析、具体的な改善策の提案、分析結果の現場へのフィードバックと収集結果の管理。エラーを起こす可能性があることを踏まえインシデントの根本的原因を究明し、システム指向で対応策を検討実施します。
医療安全管理のための教育研修活動
  • 各部と連携、調整しながら教育プランをたて、実施
  • 全スタッフを対象とした医療安全に関する研修を年2回以上実施
医療安全に関する情報管理、情報発信への取り組み
  • 医療事故、事故防止に関する最新情報の把握とスタッフへの周知
  • ヒヤリハットニュースの紹介
報告体制
  • 以上の総括を医療安全管理委員会(月 1回第4週)に報告する。
  • 医療安全事故防止委員会(月 1回 第 3週)に報告する。
  • 重大事故発生時には、直ちに病院管理者に報告し、速やかに対策委員会を開く。
このページの上へ

医療福祉相談室

理念

医療福祉相談室では、患者様、保護者様からの様々な相談に応じております。療養上の心配事を少しでも軽減できるように心がけております。

このページの上へ

薬剤部

理念

もりおかこども病院薬剤部は医療チームの一員として、薬剤師は薬学的知識をフルに活用して、薬物療法が有効・安全に行われ、かつ、患者さんのQOLの向上にお役に立てるように活動しています。

業務内容

薬剤部では薬剤師1名薬局助手1名の計2名でお薬に関する業務を行っています。

医師の処方に基づく調剤

内服だけではなく注射薬の調製等も行います。

患者様への服薬指導

指導だけでなく患者様のお薬に関する相談も受けています。

医薬品等の情報提供

病院スタッフに新薬の情報等を提供しています。

医薬品の管理業務

医薬品の在庫管理、法令に基づいた(麻薬等)保管業務を行っています。

取り組み

  • 勉強会や研修会等に参加しています。
  • いわて糖尿病サマーキャンプに参加しています。
  • 学校薬剤師として、担当している学校の環境衛生(水質検査等)に努めています。
このページの上へ

臨床検査部

理念

"こども病院"なので採血量は必要最低限、生体検査といえば大泣きしている子どもをなだめながらの検査と日々悪戦苦闘しています。けれどもそんな「毎日が刺激的」という大きな魅力もあります。子どもたちの回復を願いながら正確な検査を迅速に提供していく部署が臨床検査部です。

業務内容

  • 血液や尿などの検体検査
  • 脳波、心電図、超音波などの生体検査
  • 感染症の迅速診断
  • その他にガラクトース測定などの用手法での検査
  • エコー
このページの上へ

放射線部

業務内容

放射線(X線)を使う検査としては、胸部、腹部、骨などのX線写真を撮る一般撮影と、CT検査、消化管などの造影検査をする透視撮影を行っています。放射線を使わない検査としては超音波検査を行っています。 放射線を利用する検査においては大事な2つの原則があります。1つは不必要な被ばくをさせないこと、もう1つは被ばく線量をできるだけ少なくすることです。こどもは成人より放射線感受性が高いので被ばく線量低減化に取り組むとともに、診断価値の高い画像の提供に努めています。 放射線に関して、検査についてなど、不安なこと、何か疑問に思うことなど、お気軽にお尋ねください。

このページの上へ

事務部

理念

患者さまが療養しやすい病院づくりや病院全体の業務が円滑に行われるように、また、病院スタッフが安心して勤務できるよう心がけて努めております。

業務内容

スタッフの給与、会計・経理に関すること、スタッフの定期健康診断などの庶務を担当し適正な業務遂行を心がけております。また、診療材料や消耗品等の購入のほか、病院の建物や設備の管理と営繕、業務委託契約、保守契約など、病院の財産管理をしています。 その他にも、乳幼児健診・予防接種。入院に関する事務手続き(付添食食券販売・冷蔵ロッカー貸出等)、各種診断書の作成等行っています。

このページの上へ

成育療育部

理念

当部署は社会福祉士、臨床心理士、保育士を配置し、外来患者様及び入院患者様へ、広汎多岐に渡った治療の支援を行い、患者様の多様なニーズに対応している部門です。

業務内容

社会福祉士
  • 医療福祉相談
臨床心理士
  • 外来・入院患者様の面接カウンセリング
  • 在籍校との学校調整
保育士
  • プレイルーム利用患者様への対応
  • 主治医の指示による患者様への個別サポート
このページの上へ