• 病院長挨拶
  • 診療科のご案内
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 医療福祉相談
  • アクセス
病院の連絡情報
〒020-0102
盛岡市上田字松屋敷11番地14
 地図はコチラ
はじめて来院される患者様へ
  • 病院紹介
  • 医師紹介
  • 部門紹介
  • 私達の病院活動
  • 職員専用ページ

食物アレルギー


概要

日本小児アレルギー学会ガイドラインに沿って、外来又は入院で食物負荷試験を行い必要最小限の除去を目指します。負荷試験後はアレルギー専門栄養士が食事指導を行います。また計画的に食べる量を増やし、除去期間が短くなるようお手伝いします。


当院の特徴

もりおかこども病院では、高度な条件が必要となる「食物負荷試験」というアレルギー検査が可能です。食物負荷試験では、まずは今までの症状について詳しくお話を伺い、血液検査や皮膚テストを行い、結果を参考にして、検査をする食物の品目と検査日程を決めます。また、アトピー性皮膚炎や喘息の治療が十分でない場合には、その治療を十分に行い安全にできるよう準備します。


経口負荷試験

食物経口負荷試験はどうして必要なの?

食物アレルギーの診断は、実際食べてみて症状が出るかどうかで決まります。血液検査や皮膚テストが陽性でも実際には食べられたり、陰性でも症状が出たり、量が問題だったりなど、不確実な点が多いのです。負荷試験では以下の内容が明らかになり必要最小限の除去を行う指標になります。

  1. 本当に反応が起こるのかどうか(確定診断)
  2. どのくらい食べたら起こるのか(閾値決定)
  3. どんな症状が出るのか(症状に応じた薬物の選択)

経口負荷試験のながれ

当院では負荷試験は日帰り入院(その日のうちに退院)で行います。担当看護師と医師、アレルギー専門栄養士がついて観察します。@アナフィラキシー(重症な症状)が出たときにすぐに対応できる、A感染症の患者さんと隔離する、B午後まで観察するため給食が出る、C結果に基づき医師が安全な量を説明します、D医師の指示に従い栄養士が具体的な摂取方法について説明します、などの理由で基本的に入院で行っています。


9:30頃受診していただき、検査は10:30開始、15〜16:00くらいに帰宅となりますが、症状が出た場合、遠方の場合にはこの限りではありません。


反応が出たら?

軽症の場合は、内服薬や吸入で観察します。症状が強くなれば、医師の判断で注射や点滴を行います。観察して症状が消えた場合は、その日のうちに退院します。症状が長引いたり、遠方の方は1,2泊入院し治療します。症状は個人によって異なります。どの程度でどんな反応が出るかという観察が大切です。対処法が異なりますので、実際に行っておさまっていくことをご家族と一緒に観察します。


治療 : 経口免疫療法

一般的に子どもの食物アレルギーは食べていくうちに反応が出にくくなります(減感作)。しかし、安全に食べるためには、経口負荷試験の結果を参考にして、安全な量から毎日食べていき、数日ごとに安全に量を増やしていきます。万一、緊急の場合は受診や他の救急病院への受診法をお伝えします。


経口負荷試験をご希望の方へ

■医療費について

  • 窓口支払いは現金のみになります。カードのお支払いはできません。
  • 病院窓口で支払い後に、年齢や収入に応じ、返還(控除)されることがあります。
  • 返還額は各市町村によって異なりますので、不明な場合は市町村役場にお問い合わせください。
  • 反応により、薬や処置、注射などが必要になった場合は、別途に医療費がかかります。
  • 不明な点は、当院窓口にご相談ください。

担当医師


このページの上へ